読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゾウガメとメロンパン

サッカー漫画、DAYSの存在を初めて知って、読んで、一瞬で頭の先まで沼に沈んだのが去年の7月。あれから半年以上ずっとわたしの心を掴んで離さないパワーワードがある。それが、

「好きなもの: ゾウガメとメロンパン」

 である。

これ、臼井先輩のプロフィールに書いてあった言葉なんだけど、オシャレすぎじゃない?? いや、オシャレすぎじゃない??? (2回言う)

好きなものゾウガメ、かわいい。
好きなものメロンパン、かわいい。
好きなものゾウガメとメロンパン、オシャレ!!

並べると途端にオシャレ! ひえー! これ2つ並べるセンス!!! 死!!! 上手く言えないけどなんかオシャレで殴られてる気になりませんか!? わたしは なります!!

 「なんかこんなタイトルの小説ありそう……恩田陸さんとか書いてそう……蜜蜂と遠雷、ゾウガメとメロンパン……(小説詳しくないので適当なことを言っています)」と思ってGoogle先生に聞いたけど、なかった。嘘だろ、臼井先輩あんなオシャレさを自己発信できるの……好き……。

 

とまあ 臼井雄太の好きなもの はわたしの心にとてつもない爆弾を落としたんだけど、その下に書いてあった

「嫌いなもの: 風の強い午後」

でオシャレに耐性がないオタクは二度目の死を味わいました。風の強い午後!!! オシャレが止まらねえ!!(©️サカイスト)

 

というわけで臼井雄太のオシャレさがやばかった話でした。あとこのワード、オシャレさだけじゃなくて想像の広がりも半端ないよな。わたしは「ゾウガメとメロンパン」「風の強い午後」から、主人公のゾウガメくんが飼い主の男の子のためにメロンパンを求めて冒険に出る風の強い午後の話 を思い描きました。冒険の道中で、困っているいろんな動物を助けながら進むハートフルストーリーだよ。「運びたい荷物があるのに重くて運べないよう……」って困ってるネズミさんのために荷物を背中に乗せて運んであげたりするよ。ゾウガメくん優しい!