おはようからおやすみまで妄想

山田くんが好きです

俺のジャニヲタ遍歴を聞いてくれ(全ての始まり:KAT-TUN編)

標記の通り。もう忘れてることもたくさんあるけど、せっかくなので今覚えてることだけでも残しておこうと思いました。

 

 

全ての始まりは小学校高学年、ごくせん第2シリーズで小田切竜に出会ったことでした。幼かったわたしは、(まだ自覚していない)性癖を「クール」「かっこいい」「強い」の三本の矢に貫かれ、「小田切竜好き! へえ、亀梨くんっていうんだ! ジャニーズなんだ! KAT-TUNっていうグループなんだ! あっ歌って踊ってる! 亀梨くんかっこいい!!」と、KAT-TUNヲタ(亀梨担)へと変化を遂げるのでありました。亀梨担だということを口外しすぎてクラス中に広まり、授業中に担任にネタにされてめちゃくちゃ恥ずかしかったのを覚えている。

小学生だったから、出るテレビ全部おっかけとかはまだしてなかったかなあ……。でも少年倶楽部は録画して見てた気がする。赤西くんと錦戸くんが 愛のかたまり 歌ってた回は、よっぽど何回も見てキャーキャー言ってたのか、親がDVDに焼いてくれたんですよね。懐かしいな、あのDVDまだ見れるのかな。

初めて自分からねだって買ってもらったCDが『青春アミーゴ』だったことはすごい覚えてる。CDも売ってる本屋に行ったときに父親に「何かほしいものある?」って聞かれて、めっっっっちゃ欲しかったけどシャイガールだったから家の外で「あっこの人ジャニヲタなんだ」って思われたくなかった結果、「なんか周りで流行ってるみたいだから、これ聴いてみようかな」みたいに言って軽い感じを装って買ってもらったんだよね。かわいいな、小学生のわたし。大丈夫、大人になるとね、同じCD複数枚予約購入してても何食わぬ顔でお会計できるようになるよ!

自分で買ったのか買ってもらったのかは忘れちゃったけど、初めて自分が欲しくて手に入れたDVDは『Live 海賊帆』だった。上田くんのソロ曲がすごく好きで、何回も見てたな~~。自担のソロより見てた。思い出してたら久しぶりにDVD見たくなってきたな!

そして初めて自分で買ったCDは、記念すべき自担のグループデビューシングル『Real Face』でした。シングル・アルバム・DVDが同時発売で、全部欲しかったけど自分のお小遣いではシングルしか買えず。親に「どっちかだけ買ってあげる」って言われてアルバムは買ってもらった。今考えると「そこはDVDだろ!」って感じだけど。なんでDVD選ばなかったのかなあ。『Best of KAT-TUN』の ”Best” に惹かれたのかな。収録曲の中ではダントツで『NEVER AGAIN』が好きでした。かっっっこよかったんだ~。あと最近iPodの曲を全曲シャッフルで聴いてたら何年かぶりに『ハルカナ約束』と再会したんだけど「なにこれめっちゃ好き……!」って思いました。

 RealFaceの話するつもりで書き始めた上の文章で全然RealFaceの話できてないので、ここでRealFaceにまつわるわたしの黒歴史を一つ。運動会の組体操で、RealFaceに合わせて演技することになったんだけど、「いや、KAT-TUNはもっと運動会にぴったりな曲を持っていますよ!!」と強く思って、仲良しの赤西担と2人で「Real FaceよりもカップリングのGLORIAの方が組体操にはぴったりですよ! Will Be ALL RIGHTもいいよ!! ねえ先生!!」って職員室に直談判しに行っ、うっ……思い出すと頭が……。「先生わかってないな~~」って言いながら帰りました。わかってないのはわたしの方だった~~~~~! 恥ずかしい!!!!

その後、2ndシングル『SIGNAL』は買ったんだけど あまりピンとこず(わかりやすくかっこいい曲が好みだったので、なんかオシャレな曲だなとは思ったけどよくわからなかった)、『僕らの街で』もバラードだったのでピンとこないまま、気が付けばKAT-TUN推しから関ジャニ推しへと変貌していました。この辺の移行については詳しく覚えてないんだけど、

・『喜びの歌』と『Keep the faith』(特に後者)は好きな曲調のはずなのに購入していない

・『関風ファイティング』(初回限定版)を購入している

以上の事実から、2006年夏~冬の間に推しグループの乗り換えが行われたと推測されますね。

 

関ジャニ編へと続く! はず