おはようからおやすみまで妄想

山田くんが好きです

キングダム推しメンダービー

みなさんこんばんは。GW後半戦、いかがお過ごしでしょうか。わたしと言えば夢女子、夢女子といえばわたし。漫画を読んだ夢女子がすることといえば1つ! そう、推しメンの選定です。

というわけで わたしの心の中で幾度となく繰り広げられてきた推しメンダービー、今回はキングダム杯の開催です。

 

各馬ゲートに入りました。スタートしました!

まず抜け出したのは秦王嬴政(えいせい)!その端整なルックスと王としての才がわたしのツボを踏み抜きます!

その背を追うは趙国宰相李牧(りぼく)! 顔良し・頭良し・力良しと三拍子揃えているものの、敵国所属であることが少し足枷になっているか!?(主人公(秦国側)に肩入れして読むタイプ)

とここで一気に追い抜いて先頭に立ったのは秦国蒙恬(もうてん)! かねてからのわたしの性癖、"才能のある飄々とした顔の良い男"にこれ以上ないくらい当てはまる男がここで先頭を奪う! このまま後続を突き放して逃げ切るか!?

おーっと! そうはさせまいとものすごい勢いで追い上げてくるのは秦国右丞相昌平君(しょうへいくん)! ここぞというタイミングで敵陣営から主人公陣営に寝返りピンチを救う、才能のある冷静沈着な顔の良い男の勢いが止まりません!

蒙恬と昌平君の一騎打ちかと思われたその時! 姿が大きくなってきたのが秦国将軍桓騎(かんき)! 溢れ出る色気と余裕綽々な態度から出てくるこのスピードは、際立つ残虐性という重石をものともせず先頭に迫ります!

このまま蒙恬が逃げ切るのか、はたまた李牧・昌平君・桓騎のいずれかが先頭に躍り出るのか!? レースの行方が楽しみですね!!!!! (決着はつかない)(画像貼るのが面倒なため、顔は検索してご確認ください)(秦王嬴政は作中で想い人と結ばれたためコースアウトしました)

 

 

というわけでキングダム読みました。面白かったです(小並感)。いやほんとに。こりゃ評判良いわけですよ。1話からずっと面白い。

のちに始皇帝となる嬴政と下僕上がりの武将 信が中華統一を目指す話なんですけど、史実がベースになっているので、史実を調べると「ああ、この人ここで負けるんだな」とか「この人いずれ死ぬんだな」とかがわかってしまってつらい気持ちもあるんですけどね(上で名前を挙げた人の中にも……うわあああん)。それでもやっぱり面白い。

あんなに教科書見ても覚えられなかった戦国七雄の位置と国名が秒で覚えられたので、やっぱ漫画ってすごいなと思いました。学生はキングダムを読もう。学生じゃなくてもキングダムを読もう。みんなキングダムを読もう。